資本金の払い込みD - 古河市の出張司法書士の相続ブログ

司法書士 おおやなぎ事務所
相続手続き・遺言書 無料出張相談
2016年09月30日 [商業・法人登記について]

資本金の払い込みD

このようなケースの場合には、実務上は、インターネットバンキングにログインした後の個人の口座のページをプリントアウトしたものを提出します。

そもそも、資本金の払い込みを証明する書類として、上記のような通帳のコピーが求められるのは、そこに、払込金融機関の名前、支店名、口座番号、口座名義人、払込金額と払い込み名義人が記載されているからなのです。
この名義人や口座番号、払込金額を確認することで、そのお金が会社のためのお金であることを法務局が承認するのです。

そのため、それと意味的に同じ部分が記載されている箇所、つまりインターネット上の口座画面を提出する必要があるのです。

ただ、インターネットバンキングでは悩ましい点があります。
それは、預金通帳とは違い、インターネットバンキングの口座画面は各金融機関ごとに形式が違い、金融機関の中には、上記の要件がすべて記載されていない場合があるのです。

このような場合、ネット上の口座画面をプリントアウトしたページのみでは資本金の払い込み証明として不十分であるため、キャッシュカードのコピーを追加で提出したりして、何とか資本金の払い込みだと認めてもらうのです。

どの業界、職業でも同じかもしれませんが、登記の世界でも時代の流れによって、今までは存在しなかった問題が生じてしまうのです。



無料出張相談します。埼玉県・茨城県・栃木県・群馬県で相続・会社設立のご相談なら【司法書士おおやなぎ事務所】 
茨城県古河市女沼397−1秋山ビル318
このエントリーをはてなブックマークに追加

お問合せフォーム

このページの先頭に戻る